トップページ:洗い方

洗い方を見直すことで背中にきびをケアすることができます。
シャンプーを済ませてから体を洗うようにすることで、
シャンプーのすすぎ残しが背中に残ることを防ぐことができます。

背中は洗いにくい場所ですから、洗い残しがないようにきちんと洗いましょう。
また、ボディソープは肌にあったものを選ぶようにしましょう。
ゴシゴシ洗いはよくありませんので、やさしくあらうように心掛けましょう。
強くこすり過ぎたりすると肌を傷付け、トラブルを招いてしまいます。
保湿をすることも背中にきび対策になりますので、顔のスキンケアと同じく、
洗浄力の強すぎるボディソープによる洗い過ぎはよくありません。

タオルやスポンジでごしごしと強くこするのではなく、泡で洗うことを意識しましょう。
ボディソープのすすぎ残しも背中にきびの元になりますので、しっかりとすすいできちんと流しておきましょう。
入浴後のふやけた肌は傷付きやすいですから、清潔でやわらかいタオルを使って、やさしく拭くようにすると良いです。